@ アウトプット教育に力を入れる


人が本当に育つのはインプットよりもアウトプットの数を多くこなした時です。
研修に出て色々な事を学ぶインプット教育も大切な事ですが、
それだけでは不十分です。
自分が学んだ事を人前で発表する、すなわちアウトプットに挑戦してこそ、
その知識は本物となり、成長が加速して行くのです。
私は社員に繰り返しアウトプットしてもらうことをおすすめしています。

研修レポートを作成する。
講義用のレジメや資料を自分で作成する。
人前で発表する。講義する。

これらのアウトプットを繰り返すことで、本人の実力はどんどん伸びて行きます。

A.何も勉強しない成長しない社員
B.人の話を聞くこと、本や資料を読むことで少しずつ成長する社員
C.レポートや研修資料を自分で作成し、人前で講義することにより
  どんどん成長する社員

あなたなら、どの社員が欲しいと思いますか?
ぜひとも社員にアウトプットの機会を多く与え、成長を促してあげて下さい。

ただし、社員のレベルによっては非常に大きな苦痛を感じる人もいますので、
除々に行うようにして下さい。

メインメニュー

サブメニュー