C 最重要目標はグラフ化し、成果を測定する


グラフは視覚的に理解できるので情報を共有する最も手軽な手段の1つです。
数字だけを羅列した表に比べるとはるかに分かりやすい資料となります。

社員と目標達成に向けて力を合わせて行きたいのであれば、
最重要目標をグラフ化することをおすすめします。
グラフ化することで全社員に目標の達成状況を知らせるのです。

ここで1つ大切なポイントがあります。
それは、「グラフを記入する人が一番情報を強く認識するようになる」
ということです。
人が書いたグラフを見せられるだけの場合と、日々自分でグラフを作って行く
場合とでは明らかにインパクトが違います。
ですからグラフはできる限り社員に記録させるようにして下さい。

社員はグラフの記入を通じて、日々目標の達成状況を知ることになります。
うまく行っているのか、まだ不十分なのかを自分自身で理解することになります。
「目標の達成状況はどう?」と確認するだけで社員の意識を高めることが
可能になります。

日々イライラして口うるさく言いたくないのであれば、ぜひとも社員に
グラフの記入をさせるようにして下さい。
そして目標の達成状況を報告させるようにして下さい。

「最重要目標はグラフ化し社員に記録させる」
このことを通じて社員の目標に対する意識レベルを高めてあげるように
して下さい。




メインメニュー

サブメニュー