A 経営者意識を強く持ち、稼ぐ体験を積み重ねて行く


どのような仕事をするにしろ、最終的にきちんと稼げているのかどうか?
その事実に冷静に向き合い、自分自身の稼ぐ能力を高めて行くことが大切です。

稼げている人といない人の違いはいろいろありますが、
稼げるようになるための心構えとしておすすめしたいのが、
「経営者意識を強く持つ」ということです。
私は経営コンサルタントとして会社に勤務していた時、
「必ず独立して社長になる」と決めていましたから、
常に経営者意識を持って働くことができました。
「絶対に社長になる」と決めて働いている訳ですから、
サラリーマン根性で仕事をしている人に負けるはずがありません。

それからもう1つ大切な事は、「実際に自分の力で稼ぐ」
という実務上の体験を積み重ねておくことです。
経営は実務であり、学問ではありません。
机上の理論よりも実際の成果が問われるのです。
口先ばかりで稼げない人間は嫌われますが、実務を通じて稼ぐことの
できる人間は最後まで生き残ることができます。

まずは経営者意識を強く持ち、稼ぐ体験を積み重ねて行きましょう。
そして優秀な社長になることを目指して行きましょう。






メインメニュー

サブメニュー