@ 社員教育のしくみを作る


増収増益に貢献できる社員を育成するためには、社員教育のしくみを作り、
粘り強く長期的に継続して行かなければなりません。
長期に渡ってあきらめずに社員教育を続けている企業の社員は、
やはりレベルが違います。
確実に増収増益の戦力になっています。

社員教育のしくみとしては様々なものがあります。
たとえば次のようなものです。

1.毎月、社内勉強会を行う。

2.毎月、成績発表会を行う。

3.毎月、改善のためのミーティングを行う。

4.先輩社員を教育係に任命してマンツーマンで後輩に仕事を教えさせる。

5.毎日、朝礼(又は昼礼、又は終礼)を行い、経営理念や社員の
  心構えを唱和する。挨拶や親切な声かけの練習をする。

6.定期的に社員に宿題を出し提出させる。

7.社員に講師として研修を担当させる。

8.外部研修を数多く受けさせる。
  外部研修を受けたら必ず報告レポートを作成させ、社内で発表させる。

9.定期的に外部講師に来てもらい、社内で研修を行う。
  全社員で増収増益に取り組むようにする。

これらのことに熱心に取り組んでいる企業と、そうでない企業とでは、
明らかに社員のレベルが違います。業績が違います。

ぜひとも1つでも多くの社員の教育のしくみを作り上げ、
社員のレベルアップと業績アップに取り組まれるようにして下さい。






メインメニュー

サブメニュー